Prima アンプ・ラインナップ

Primaシリーズのアンプは、コンパクトなサイズと洗練されたデザインが印象的ですが、新しい時代を切り開くAudison初のプロセッサ内蔵アンプでもあります。 驚異的なパワーを誇るDSPがOEMシステムの統合に威力を発揮し、Primaアンプはbit Driveテクノロジーと融合します。アンプには8種類のプリセットがあり、 車両に合わせて異なるシステム設定を選ぶことができます。プリセットはロータリー・ダイヤルで選択できるため、設定にかかる時間が節約でき、 無用なシステム・エラーを回避することになります。

製品に付属するPCソフトウェアを使用すれば、指先ひとつで全てのDSPパラメータをコントロールし、ご自分のオリジナルのプリセットをつくることもできます。 また、専用サイトであるbit Drive Portalにアクセスすると、さらに多くのプリセットをダウンロードしたり、コミュニティに参加している他のユーザーと ファイルをシェアしたりすることが可能になります。

内蔵DSPの機能はbit Tenやbit Oneのものと似ていますが、イコライザーには新しい機能が加わっています。従来の31バンド・グラフィック・イコライザーではなく、 AP bitイコライザーには10バンドのパラメトリック・イコライザーが実装されており、PCソフトからターゲット・カーブをドローすることができます。 DSPのリソースを節約することにもなり、グライコ使用時に起こる位相の変化を減らす効果もあります。

R&Dは従来からのAudisonのパワーとクオリティを手のひらサイズのコンパクトなアンプに凝縮することに成功しました。最先端のエレクトロニクス・コンポーネントの他、 カーオーディオでは始めて採用される特別な電源を使い、サイズの削減を実現することができました。その結果、高い出力を誇るとともに非常に効率的な廃熱による安定した 温度管理をも手に入れることになりました。








APTK 3 (Audison Prima Tower Kit 3) を使用すれば、3台のAPアンプを、廃熱の問題を気にせずにスタックすることが可能(ネジ付属)

 

純正システムの電源ケーブルは細いものが多いですが、これに対応するためにAudisonのR&Dチームは、リアルタイムでパワーサプライからの電流をモニターする画期的な 回路をPrimaアンプに組み込みました。大きな電流が一定時間必要な状況になった場合(ケーブルの温度も上昇することもあります)、回路はピークの部分のみを抑制し アンプが動作し続けるように制御し、純正システムのアップグレードにおける安全性と信頼性を向上させます。

この画期的なアンプのパワー段は、同時に非常に高い効率と安定性をもたらし、短時間のオペレーションであれば7V程度の電圧でも動作を継続できます。これにより、 アイドリング・ストップ機能を実装した車両で起こる問題が解消されます。

純正システムのアップグレードでは、適切なスピーカーの負荷が確認できないとシャットダウンしてしまう問題が生じますが、Primaアンプにはオプションで提供される ASP(Automatic Speaker Presence)というプラグインのアクセサリがあり、ヘッドユニットが電源オンになった後にチェックをおこなう間、純正スピーカーの負荷を 回路内部でシミュレートしてシグナルが切断されることを回避することができます。

Primaアンプのラインナップには9chのDSPを内蔵した3種類のモデルがあります。全てのDSPチャンネルはPCソフトを使用して独立した調整が可能です。

AP8.9 bit: 35W x 8ch / 4Ω
AP5.9 bit: 20W x 2ch + 50W x 2ch + 140W x 1ch / 4Ω
AP4.9 bit: 70W x 4ch / 4Ω

このbitモデルに加えて、2種類のnon-DSPモデルを出力拡張用として用意しています。

AP4 D: 70W x 4 / 4Ω
AP1 D: 520W x 1 / 2Ω

現在カーオーディオ業界で唯一の9ch DSP内蔵で、組み合わせは無限大に広がります。例えば、AP5.9 bitを付属のリンクケーブルでAP4Dと接続すれば、最小限の スペースで非常にパワフルなシステムを構築することができます。

全てのPrima bitモデルには6chのアナログ入力(フロント・リア用に4chとその他の選択肢として2ch)が装備されており、全てソフトウェアから入力感度の 調整ができます。2ch分のAUXチャンネルはフロントのミックス信号を接続することもできますし、アナログのステレオAUX入力としての使用も可能で、 DRC(リモートコントロール/別売り)から選択することができます。



サイズの小型化は最新のエレクトロニクス・コンポーネントの使用の成果。

AP bitアンプにはプリセット・セレクタがあり、PCソフトを使わずにフロントパネルから8つの異なる設定を選択可能


Full Digitalオーディオ・テクノロジーでは、ソースからプロセッサを通じてアンプまでピュアなデジタル・シグナルを転送

ITEM Specification 本体価格(税別) 単位
AP8.9 bit 9ch DSP with 35W x 8ch amplifiers ¥100,000
AP5.9 bit 9ch DSP with
20W x 2ch + 50W x 2ch + 140W x 1ch amplifiers
¥76,000
AP4.9 bit 9ch DSP with 70W x 4ch amplifiers ¥76,000
AP4 D 70W x 4ch amplifiers ¥48,000
AP1 D 280W x 1ch amplifiers ¥48,000
DRC デジタルリモートコントローラー ¥27,000
DRC MP デジタルリモートコントローラー ¥27,000
APTK 3 PRIMA タワーキット APL2 付属 ¥16,400
ACP 2 PRIMA 2RCAケーブル 3.5mmアダプター付属 ¥4,600
ACP 6 PRIMA 6RCAケーブル 3.5mmアダプター付属 ¥8,700
APL 2 PRIMA 4D/1D 接続ケーブル ¥4,300
ASP PRIMA スピーカーシュミレーター ¥9,000