primaシリーズに、Primaサブウーファーが追加されました。アンプ/スピーカーでアップグレードされた純正システムの低域のレスポンスをさらに押し広げて、音楽を聴く楽しみに大きなインパクトを付加するというニーズから生まれた製品です。そしてこのニーズを満たすために、専用エンクロージュアとのセット、および単品のコンポーネントによる提供を用意し、ユーザーの好みに合わせた独自のシステムを構築することができます。

 

Primaサブウーファー・コンポーネント

エンクロージュアと同じ哲学に基づいて、APシリーズ・アンプとの組み合わせを念頭に置いて三種類のサブウーファー・ユニットを開発し、創造的なカスタム・インストールの阻害要因を取り除きます。Primaサブウーファー・コンポーネントの最大のゴールは、タイトなスペースで高出力を作り出すことです。
サブウーファーの出力はエクスカーションが大きなファクターとなります。振動板が動かす空気の量が多いほど出力も上がります。これまでは、ユニットの奥行きを小さくするとエクスカーションも小さくなってしまいましたが、Primaサブウーファーは特殊なcone-dustcap-basketという形状を採用し、取付奥行きを最小に抑えながら、可動部の大きなエクスカーションを確保することに成功しています。エッジとダンパーには、不要な共振を引き起こす”ロッキング・モード”現象を防止するための細心の設計が施されています。
排熱のためのエア・ベントはダンパーの下のバスケットの部分に設計してあり、ボトム・プレートにベント・ホールを作る必要をなくしました。これにより、ユニットをエンクロージュアの裏面に近づけてインストールすることができるため、取付奥行サイズを薄くすることに成功しました。
APS 10DとAPS 8Dは、非常にコンパクトな容量のシールド・エンクロージュアで最大のパフォーマンスを生み出すように設計されています。それぞれのモデルの容量は最小で10L / 7.5L、推奨容量は12L / 8.5Lです。デュアル/シングル両方のモデルにプッシュ・コネクタが実装され、接続やボイスコイルの構成が簡単におこなえます。
APS 8Rは、アンプのパワーが比較的低い場合でも高い音響出力が得られるように、30~40Hzでチューニングされた8.5Lのバスレフでの使用を念頭に設計されています。APS 8Rは、AP 8.9bit、またはAP 4.9bit/AP 4Dとの組み合わせでの使用を推奨します。



 

ハイライト
・2S² – 2 Sides / 2 Sounds: カーペットにしっかりとグリップするマジックテープインサート付きの足付属

・SSP-Sub Smart Plug: 簡単で安全な接続のオプションを提供する接続端子

・丸みを帯びた角はトランクにインストールする際のポジショニングが容易になり、共鳴を軽減する役割も果たす

・堅牢なメタル・グリッド・エンクロージュアがサブウーファー・ユニットをしっかりと保護

 

Primaサブウーファーのテクノロジー
R&Dチームはテスト結果を慎重にまとめ、Audison Primaアンプの特長であるBASS BOOST機能やパラメトリック・イコライザの利点を生かすことができる三つのモデルを開発しました。アンプの持つパワーを最大限引き出すために、次のようなポイントにフォーカスしました: エンクロージュアの種類(バスレフ/シールド)、最小インピーダンス(load)、サブウーファー・ユニットの電気/音響特性
APBX 8Rは最低域側のSPLにフォーカスして設計・チューニングされたバスレフ型のボックス・ウーファーで、特に多くの車両に存在し「キャビン・ゲイン」として知られる60Hz以下の低域におけるナチュラル・ブーストを上手く取り入れることに着目しています。8インチ、4Ωシングル・ボイスコイルのサブウーファーは、AP 8.9bitアンプとの組み合わせで最も効率的にパワーを引き出すことができます。低い共振周波数とバスレフの組み合わせにより、全ての帯域でエクスカーションを抑えることができるため、AP 4.9bit/AP 4Dのセットのブリッジ・チャンネルを使用も可能で、出力は260Wに及びます。
APBX 8DSはサイズ・パフォーマンスに優れるモデルで、8.5Lのシールド・エンクロージュアと4+4Ωデュアル・ボイスコイルが、AP 5.9bit(パラレルで2Ω接続)、またはAP 8.9bitのブリッジCh x 2ペア(ブリッジChを各ボイスコイルへ接続)を使ってフルパワーを引き出すことができます。ユニットのエクスカーションの潜在能力が大きいため、AP bitアンプ独自の機能であるBASS BOOSTでアンプのパワーを最大限引き出し、リッチでダイナミックな低音をお楽しみいただけます。





 

2S² – 2 Sides / 2 Sounds

Primaエンクロージュアに二種の異なるインストール方法と音響効果をもたらします。2 SoundsのネーミングはUp-FiringとDown-Firingの二種類のマウント・オプションからきています。2 Sidesはエンクロージュアのどちらの面を表に出すかによって、インストールの見せ方を選べることに由来しています。

AudisonのR&Dスタッフはそれぞれのオペレーション・モードにおけるサウンドを仕上げ、どちらを選ぶかの選択をリスナーの好みに任せることにしました。
Down-Firing: 低域の伸びを増強したリッチなサウンド
Up-Firing: パンチの効いた明瞭なサウンドでダイナミックな音楽体験を演出

“Sub Smart Plug” – SSP
エンクロージュアに実装されるSSPターミナル・ブロックには、従来のプッシュ・コンタクトに加えてPlug-&-Playコネクタがあります。プッシュ・コンタクト使用時にインピーダンスを最小にしたい場合は、付属のブリッジ・コネクタをPlug-&-Play端子に挿します(APBX 10DS/8DS = 2Ω)。
Plug-&-Playコネクタも任意にインピーダンスの選択が可能で、取り外しやショートの防止のために接続を外す必要がある場合にクイック・リリースが可能です。APアンプとの接続に便利な、Plug-&-Playコネクタ専用ハーネスが付属します。



ITEM Specification 本体価格(税別) 単位
Subwoofers
APS 8R APS 8R – SUBWOOFER 200mm 4 Ohm ¥20,000
APS 8D APS 8R – SUBWOOFER 200mm 4+4 Ohm ¥21,000
APS 10D APS 10R – SUBWOOFER 250mm 4+4 Ohm ¥30,000
Box Subwoofers
APBX 8R APS 8R Box subwoofer ¥38,000
APBX 8DS APS 8D Box subwoofer ¥38,000
APBX 10DS APS 10D Box subwoofer ¥47,000