新しいSRシリーズアンプは、これからカーオーディオの世界に踏み込んでいきたいと望んでいる方にも、またハイパフォーマンスシステムを 求めるエキスパートユーザーの方にも満足していただけるように開発された製品です。この優れたアンプが、Audisonの哲学にもとづくパワーや音質への欲求を満たしてくれることでしょう。
複数の賞を受賞した、Audisonブランドの最高水準を誇るThesisシリーズと同じ方向性にある、スタイル/テクノロジー志向の強力なイノベーションがこの新シリーズに投入されています。
最先端エレクトロニクス、モノブロックコンストラクション、幅広い用途などの観点からSRプロジェクトは、サイズ、パワー、デザイン、音質においてバランスの取れたベストチョイスと言うことができます。
製造 クオリティとディテールに対するこだわりを誇るSRの設計は全てイタリア国内、製造はAudisonのハイクォリティ基準に沿っておこなわれます。
デザインこのラインナップにはトータルアルミ・モノブロックという新たなアイディアが投入されています。単一のアルミブロックから形成されたケースは、すっきりとしたエレガントなデザインを可能にすると同時に、新鮮でダイナミックな感触をもたらし、クラッシックスタイルと新世代の完璧な融合を成し遂げています。
サウンド、パワー、そして多様性 SRシリーズのアンプは、Audisonブランドの伝統に対する期待を裏切りません。限りないシステムデザインの可能性とともに、いかなるスピーカー構成でもドライブすることができます。
コントロールパネル SRシリーズのコントロールもブランドの伝統を継承してトップパネル上に配置されており、アンプをインストールした後の調整も容易です。半透明のパネルが様々なコントロールやヒューズをほこりなどから保護し長期にわたる信頼性を保証します。 人間工学にもとづいたデザインだけでなく、コントロールパネルに細かい情報を表示し、いちいちマニュアルを見なくても機能が理解できるよう、ユーザーフレンドリーな工夫がしてあります。
DYNABサーキット アンプの最終段には独自のDYNAB (Dynamic AB) Classサーキットが採用されており、自動的にバイアスカレントが管理されるので、複雑な調整をする必要がありません。 DYNABはB ClassのシンプルさとAB Classの音質を融合したものです。SRxプロジェクトの本質は、最新のハイスピードTO247トランジスタの使用にあり、スムーズで完全なサウンドパフォーマンスを実現します。

アルミヒートシンクアンプ内部の部品の温度は90℃にも達することがあります。ヒートシンクや関連パーツをソリッドアルミで作成することにしたのはこのためです。 放熱、そして軽量という点においてアルミに追随できる材料はありません。
対流冷却システムメカニカルレイアウトは対流冷却を誘導するように設計されており、外部から吸気し、熱い空気をユニットの外に排気します。 どのような条件下にアンプが設置されていても、自然な空気対流が”煙突”効果を生み出し、効率的な冷却システムを構築しています。
独創的なケーブルコネクションSRのターミナルブロックに採用されているライジングクランプシステムがケーブルへのダメージを防止します。 電源ケーブルは4AWG、スピーカーケーブルは8AWGまで対応し、直感的に安全でしっかりとした接続が可能になります。
“ユーザーフレンドリー” コントロール 動作モード、レベル調整、クロスオーバー設定は完全に独立しておりバイパスすることができます。さまざまな構成が可能になり、 多彩な機能の利点を享受することができます。
RCA アウトプット+スピーカー信号入力プリおよびハイレベル入力に対してはLNS回路が採用されており、車内環境で発生する電気的ノイズを排除します。 SR 1DとSR 1DKではハイレベル入力を使ってプリアウトシグナルを生成することができます。ハイレベル出力しか装備していないソースユニットと接続する際も、サウンドクオリティを 最善の状態に保ったままシステムの拡張が可能になります。
 
 
ITEM Specification 本体価格(税別) 単位
SR 2 (14.4V) 60W x 2ch Amplifier ¥28,000
SR 4 (14.4V) 65W x 4ch Amplifier ¥43,000
SR 5 (14.4V) 55W x 4ch + 185W x 1ch Amplifier ¥63,000
SR 1D (14.4V) 460W x 1ch Amplifier ¥38,000
SR 1DK (14.4V) 940W x 1ch Amplifier ¥63,000
VCRA サブウーファー ボリューム キット ¥10,000